にきびの予防と対策をご紹介。

手作りのにきび薬 アロエ編 にきびの予防と対策

にきびの予防と対策をご紹介。




      

手作りのにきび薬 アロエ編

アロエは「医者いらず」とも呼ばれ、民間薬としては付加的にもよく知られているのではないでしょうか。
内服薬としても外用薬としても薬効が多く、色々な病気やけがの医療に用いられています。

内服の効果としては、便秘、胃・十二指腸潰瘍に効果があります。
生のアロエで腹痛を起こしてしまう人は、乾燥させたり加熱させて使うとよいでしょう。
アロエの有益成分は熱にも強いので、煎じたり、乾燥させてもかなりの効果を得られます。

外用薬としては、やけどや切り傷、水虫、にきびなどに効果があります。
これはアロエに含まれるアロエチンという成分の強い抗菌作用によるもので、細菌の感染予防に役立ちます。
にきびなどの患部に塗ると、細菌の毒素を中和したり退治してくれます。
またこのアロエチンという成分は、がん細胞の活動性を抑える働きがあることもわかっています。

アロエを外用に使う場合はおもに生葉を利用します。
その際気をつけたいのが、アロエを水洗いしてから必ず熱湯をくぐらせて殺菌してから使うことです。
にきびや水虫に使う場合は、熱湯消毒したアロエの葉の皮をむいて、患部に汁をこすりつけます。
患部が乾いたら、アロエの汁を絞りながら何度も繰り返し塗ります。
アロエをすりおろしたものを水で2〜3倍に薄めた液でマッサージすると、肌荒れにも効きます。

だが、ここで申し添えておきたいのですがアロエが万能薬で効き目も大きいとは言え、特に敏感肌の人は肌への刺激も気になることと思います。
様子を見ながら少しずつ試してみてください。




Copyright (C) 2015 にきびの予防と対策 All Rights Reserved.


角質ケアの効果的な方法 洗顔石鹸選びの注意点 にきび対策の化粧品 脇の脱毛に一番いい方法 にきびの予防と対策 ジェルネイル口コミ情報 敏感肌の化粧品 VIO脱毛について 混合肌の化粧品について ヒアルロン酸で潤いを にきび痕の対策方法 アミノ酸シャンプーの効果 脇汗の効果的な対策 プラセンタについて BBクリームの効果 プラセンタについて フェイシャルエステの選び方 オーガニックコスメのランキング 肌に合うクリームの探し方 アロマオイルの効能と使い方 オールインワン化粧品のススメ しわの改善法 美肌になるお茶について アンチエイジングスキンケア アンダーヘアの脱毛 プロアクティブの効果について コラーゲンを効果的に取ろう にきび治療の方法 美白になる美容液とは 肌のトラブル対策 ピクノジェノールとは