にきびの予防と対策をご紹介。

手作りのにきび薬 ドクダミ編 にきびの予防と対策

にきびの予防と対策をご紹介。




      

手作りのにきび薬 ドクダミ編

民間薬として有名なものに、ドクダミがあります。
ドクダミは北海道以外の日本全国に自生しており、刈り取って乾燥させて家庭で健康茶として飲用している人も多いことと推察されますが。

ドクダミはハート型のかわいらしい葉の形をしていますが、それとはうらはらに相当強烈なにおいを発します。
そのにおいのもとになっているデカノイドアルデヒドという成分が、薬効成分の一つとなっています。
この成分は強い抗菌力を持っています。
しかしこの成分は、乾燥させてしまうとにおいが弱まるのと同時に効力も弱まってしまうので、にきびやおできの治療には生のまま使う方が適しています。




にきびが化膿してしまったときには、ドクダミとユキノシタの絞り汁が効果的な薬となります。
ドクダミとユキノシタは、摘みたての新鮮なものを用意し、ていねいに水洗いするか熱湯をさっとかけて殺菌してから、別々にすりおろして絞り汁をとります。
さらに付け加えるならばドクダミとユキノシタの絞り汁を同量ずつ混ぜ合わせたものを、ガーゼにしみ込ませてにきびの化膿した部分を湿布します。
ドクダミだけでも効果は得られますが、どちらにしても新鮮なものの方が抗菌力が強いので、できるだけ新しいもので作ってください。

また普段からにきびができやすい人は、ドクダミの煎じ汁をお茶代わりに飲むとにきびができにくい体質になります。
煎じ汁は、乾燥させたドクダミ15gを水600mlで沸かし、水が半分になるまで煎じます。
ドクダミは6月から8月の花が咲くころに刈り取って、水洗いしてから日干しで乾燥させてください。




Copyright (C) 2015 にきびの予防と対策 All Rights Reserved.


フェイシャルエステの選び方 アンチエイジングスキンケア 肌のくすみ対策について にきび治療の方法 カタツムリクリーム 乾燥肌の対策方法 ノンシリコンシャンプーの比較 アンチエイジングのメイク 手作り化粧品のススメ ピクノジェノールとは BBクリームの効果 アンダーヘアの脱毛 角質ケアの効果的な方法 混合肌の化粧品について 脇汗の効果的な対策 肌のトラブル対策 オーガニックコスメのランキング 洗顔石鹸選びの注意点 アロマオイルの効能と使い方 にきび対策の化粧品 しわの改善法 VIO脱毛について 毛穴の引き締め方 プラセンタについて ジェルネイル口コミ情報 ヒアルロン酸で潤いを コラーゲンを効果的に取ろう 脇の脱毛に一番いい方法 敏感肌の化粧品 アミノ酸シャンプーの効果 美白になる美容液とは