にきびの予防と対策をご紹介。

にきびと生理の関係 にきびの予防と対策

にきびの予防と対策をご紹介。




      

にきびと生理の関係

多くの女性は経験したことのある「生理中の不快な症状」には、頭痛やイライラ、肌荒れなどいろいろな症状があります。
生理がくるとにきびができる、毎月それの繰り返し、という人もいるのではないでしょうか。

実は、女性ホルモンの周期と毛穴には深い関係があるのです。
生理が始まる前の14日間は、皮脂の分泌を過分にするプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になるため、肌がオイリー傾向になり、毛穴がつまりやすく角栓ができやすくなります。
そして生理が始まると、皮脂の分泌量はピークに達し、毛穴がひらいたり、にきびが急に悪化したりするのです。
生理中ににきびが悪化するのは、免疫力が低下して細菌に感染しやすくなっているためでもあります。
生理が2日目になると、プロゲステロンの代わりにエストロゲン(卵胞ホルモン)が徐々に優位になり、皮脂も落ち着き毛穴も締まってきます。
エストロゲンは肌のターンオーバーのリズムを整え、美しく保つ効果の高いホルモンです。
そして生理開始から数えて7日目〜14日目の間は、エストロゲンが上昇する時期で、肌の調子が付加的にもよい時期になります。
しかしながら排卵を迎えると、次の生理までの間またプロゲステロンが優位になり、肌がアブラっぽくなったりにきびができ始めたり、と毛穴まわりが騒々しくなってきます。

このように、女性ホルモンのリズムと肌、毛穴の変化はつねにリンクしているのです。
この周期を理解しておくことによって、毛穴ケアやにきび対策も行ないやすく、無駄に悩むこともなくなるでしょう。




Copyright (C) 2015 にきびの予防と対策 All Rights Reserved.


無添加化粧品の勧め アロマオイルの効能と使い方 毛穴ケアのコツ アンチエイジングスキンケア オーガニックコスメのランキング しわの改善法 毛穴の引き締め方 にきび対策の化粧品 アンチエイジングのメイク ノンシリコンシャンプーの比較 ヒアルロン酸で潤いを プラセンタについて 脇の脱毛に一番いい方法 コラーゲンを効果的に取ろう 洗顔石鹸選びの注意点 ピクノジェノールとは アンダーヘアの脱毛 混合肌の化粧品について カタツムリクリーム アミノ酸シャンプーの効果 ほうれい線を目立たなくするために 脇汗の効果的な対策 角質ケアの効果的な方法 美白になる美容液とは BBクリームの効果 肌のトラブル対策 乾燥肌の対策方法 にきび治療の方法 手作り化粧品のススメ 美白パックの効果的な方法 ジェルネイル口コミ情報