にきびの予防と対策をご紹介。

にきび医療 非炎症性の場合 にきびの予防と対策

にきびの予防と対策をご紹介。




      

にきび医療 非炎症性の場合

にきびには、赤く腫れている炎症性のものと、皮脂が毛穴につまっているだけの非炎症性のものがあります。
特に非炎症性のにきびの場合、自分でなんとかケアしてしまおうと考えたり、わざわざ皮膚科を受診する人は意外少ないかも知れません。
しかし、間違ったケアを続けたり放っておくことでアクネ菌が繁殖して炎症を起こしてしまうこともあり得ます。
早い段階で正しいケアを施して完治させておくほうがよいですね。

非炎症性のにきびの場合、その治療は皮脂の分泌を抑えて毛穴に詰まった皮脂を出やすくしてやることで症状が改良されていきます。
治療にはホルモン剤や外用薬イオウが用いられます。
ホルモン剤として用いられるジオール、メサルモンFは総合女性ホルモンで、皮脂の分泌を抑える機能があるとされています。
皮脂の分泌には男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが深く関わっているとされていますが、そこで女性ホルモンを内服してアンドロゲンの機能を抑えてしまおうというわけなのです。
また、イオウを含むローションをにきびの部分に塗る手段では、毛穴を開き、詰まった皮脂を出やすくします。

しかしイオウにはその機能から皮膚が乾燥してしまうというデメリットや、黄色い粉が浮いてくるため外出時には使いづらいという点もあります。
夜はそのまま使用し、朝は上澄みだけを使用するという工夫も必要になります。
クレアラシルのような薬は、イオウとレゾルシンを含んでいて、比較的使いやすいように考えられます。




Copyright (C) 2015 にきびの予防と対策 All Rights Reserved.


美肌になるお茶について プラセンタについて 肌のトラブル解消法 毛穴の引き締め方 アンチエイジングスキンケア アンダーヘアの脱毛 アミノ酸シャンプーの効果 VIO脱毛について 無添加化粧品の勧め アロマオイルの効能と使い方 毛穴ケアのコツ 脇の脱毛に一番いい方法 にきび対策の化粧品 美白になる美容液とは 手作り化粧品のススメ ノンシリコンシャンプーの比較 美白パックの効果的な方法 にきびの予防と対策 しわの改善法 BBクリームの効果 プラセンタについて 肌のトラブル対策 にきび治療の方法 オーガニックコスメのランキング プロアクティブの効果について ヒアルロン酸で潤いを カタツムリクリーム フェイシャルエステの選び方 角質ケアの効果的な方法 洗顔石鹸選びの注意点 混合肌の化粧品について