にきびの予防と対策をご紹介。

毛穴の病気あれこれ にきびの予防と対策

にきびの予防と対策をご紹介。




      

毛穴の病気あれこれ

「きちんとセルフケアしているのに、ぜんぜんにきびがよくならない…」そんな発疹があったら、もしかしたらそれはにきびではなく、別の病気かも知れません。
よく間違えられるのがおできで、額などの固い部分にできるものを「めんちょう」と呼ばれます。
にきびの悪化したひどいもの、とかん違いされがちですが、にきびとは別のもので、膿んで大きく赤く腫れあがり、触ると痛いのが特徴です。
原因は今のところ、わかっていません。
にきびと同様、無論自分でつぶしてはいけません。
1週間くらい経つと、自然に破裂して治まりますが、皮膚科で抗生物質を処方してもらってもよいでしょう。

他にも毛穴の病気はいろいろあります。
二の腕やフェ椅子ラインに小さなブツブツが密集してできる「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」は、俗にさめ肌や鳥肌とも呼ばれます。
肌が乾燥しがちな秋から冬にかけてよく見られる症状です。
このブツブツは毛穴にでき、角栓も見られますが、年齢を重ねると症状が軽くなる傾向があります。
「汗管腫」は汗の穴にできる小さな水泡のような腫瘍です。
目の周りによく見られ、肌と同じ色か、やや褐色がかっています。
無理につめでほじくって取ろうとしてはいけません。
取り除くには、皮膚科での治療が必要です。
他には、「かみそり負け」もありますが、これは髭剃りやうぶ毛を剃る際にかみそりでついてしまった皮膚の小さな傷から、肌に本源的にあったブドウ球菌が入り込み炎症を起こしてしまったものです。
かみそり負けは見た目に悪いだけでなく、ひりひりと苦痛も伴います。
ジェルやフォームをつけずに直接剃ることをする方策をとらなければ、予防することができます。

毛穴の病気、皮膚の病気にはセルフケアではどうにもならないものがありますので、気になったらまず皮膚科を受診してください。




Copyright (C) 2015 にきびの予防と対策 All Rights Reserved.


洗顔石鹸選びの注意点 美白になる美容液とは ノンシリコンシャンプーの比較 にきびの予防と対策 肌のトラブル解消法 角質ケアの効果的な方法 カタツムリクリーム にきび治療の方法 アンチエイジングスキンケア ジェルネイル口コミ情報 コラーゲンを効果的に取ろう アミノ酸シャンプーの効果 美肌になるお茶について 脇汗の効果的な対策 プラセンタについて しわの改善法 無添加化粧品の勧め アンダーヘアの脱毛 にきび痕の対策方法 肌に合うクリームの探し方 アロマオイルの効能と使い方 毛穴の引き締め方 ほうれい線を目立たなくするために ヒアルロン酸で潤いを オーガニックコスメのランキング オールインワン化粧品のススメ 乾燥肌の対策方法 脇の脱毛に一番いい方法 敏感肌の化粧品 フェイシャルエステの選び方 ピクノジェノールとは